心と身体

  • image
こんにちは。
上大岡店のヒロです。

前回、私たち現代人の多くは 心と身体が分裂していて、これが病気や身体の不調の原因になっていると書きました。
かく言う自分も20代の頃、1週間仕事で会社に泊まり込み、カップラーメン等食べていた結果、身体を壊して1ヶ月ほど入院した事があります。

振り返ると 仕事の事で頭がいっぱいで、身体の事など少しも考えていませんでした。
自分の身体なんだから自分の思い通りに動いて当たり前…そう思いますよね?

でもちょっと考えて見て下さい。
日々あれこれ考えている「私」という意識が私の中心ならば、身体は「私」の乗り物で道具なのでしょうか。
もちろん1つしか無いので大事な事には変わりはないのですが「私」の所有物なのでしょうか。

「私」という意識が存在するには脳の活動が必要で、
その脳や身体はたくさんの酸素とエネルギーが必要で、
酸素とエネルギーを血液に乗せて運ぶには、絶え間ない呼吸と心臓の脈動が必要です。
しかし「私」は心臓を動かしてはいませんし、呼吸も自然としています。
何故か分からないけど、身体は自然と動いてくれていて、そのおかげで「私」は偉そうに主人ヅラが出来ています。
これを自律神経と言うと普通の事の様な気がしますが、自分はこれを「命」と呼びたいと思います。
この「私」と私の「命」の乖離が諸悪の根元では無いかと思っています。

長くなったのでこの辺で…

?Gg[???ubN}[N??

2020年10月9日

 Related Posts