胃潰瘍

  • image
こんにちは。
上大岡店のヒロです。

先日、知人の1人が十二指腸潰瘍で入院して手術をしました。
幸い、もうすぐ退院して復帰するそうですが、酒呑みでも無いので、仕事(IT系)のストレスからだと思います。
それでこんな話を思い出しました。

 技術者のAさん(29才)は、仕事で頑張りが認められ主任になり、新しいチームのリーダーに抜擢されました。
しかし、取引先のお客さんはパワハラチックに過大な要求を連発し、スケジュールを守るのが難しくなります。
仕方なく自分の上司に相談しますが
「大事な取引先だから何とかしろ」
としか言われず、とうとうAさんは過労とストレスのため胃に穴が開き、吐血して入院してしまいました。

 さて、ここで問題です。
Aさんの胃に穴を開けた犯人は誰でしょう?
取引先のお客さん?…何もしてくれない上司?
…答えはAさんです。
Aさんの胃に穴を開ける事が出来るのは、Aさん以外に誰もいません。
Aさんは知らない間に自分で自分の胃に穴を開けたのです。

 何故こんなバカバカしくも悲しい事が起きるのでしょう?
Aさんほど酷くはありませんが、私たちも似た様な事をしていませんか?
自分の体に良くない事を知らない間に(時には分かっていながら)自分にしていませんか?

この原因は心と身体の分裂にあり、病気や身体の不調の大半は、コレだと思っています。
?Gg[???ubN}[N??

2020年9月30日

 Related Posts